保険年金課業務で使用しているUSBメモリを紛失(蒲郡市) | ScanNetSecurity
2019.11.19(火)

保険年金課業務で使用しているUSBメモリを紛失(蒲郡市)

愛知県蒲郡市は7月20日、保険年金課業務で使用しているUSBメモリ1本を紛失していたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
愛知県蒲郡市は7月20日、保険年金課業務で使用しているUSBメモリ1本を紛失していたことが判明したと発表した。

これは7月5日に紛失が判明したもので、使用状況から2018年3月5日に国民健康保険税更正通知情報449人分を扱って以降行方が分からなくなっていたというもの。

業務手順書に従いUSBメモリ内のデータはすぐに消去しているためデータが残存する可能性は低く、市役所内で業務が行われていたことから市役所の外へ持ち出された可能性は低く、またUSBメモリにはパスワード入力が必要で、かつ該当のデータファイルを開くためには専用ソフトが必要となるため第三者がファイル内の個人情報を確認できる可能性は極めて低いとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×