forTUNE music サイトメンテナンスの影響で他の会員情報を誤表示(ソニー・ミュージックマーケティング) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.17(金)

forTUNE music サイトメンテナンスの影響で他の会員情報を誤表示(ソニー・ミュージックマーケティング)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社ソニー・ミュージックマーケティングは7月12日、同社が運営するforTUNE musicがサイトリニューアルにともなうメンテナンスの影響で特定の操作を行ったユーザーが他の会員のマイページを閲覧できる状態であったことが判明したと発表した。

これは7月12日14時から16時の間、forTUNE musicにログイン後、商品一覧ページ内から直接マイページに移動した会員が、当該操作からログアウトまで他のユーザーとしてログインした状態となっていたというもの。

他のユーザーにマイページを閲覧された可能性があるのは64名で、他の会員のマイページを閲覧した可能性があるのは116名とのこと。

同社では、他の会員の情報が端末に残っている場合はファイルの削除、キャッシュの削除をするよう呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×