2018年1月分の検診結果データを保存したUSBメモリが所在不明に(尼崎健康医療財団) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

2018年1月分の検診結果データを保存したUSBメモリが所在不明に(尼崎健康医療財団)

公益財団法人尼崎健康医療財団は6月23日、兵庫県尼崎市から受託している検診結果情報処理業務のデータを保存しているUSBメモリが所在不明となっていることが4月6日に判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
公益財団法人尼崎健康医療財団は6月23日、兵庫県尼崎市から受託している検診結果情報処理業務のデータを保存しているUSBメモリが所在不明となっていることが4月6日に判明したと発表した。

これは検診結果データを保存したUSBメモリを納品する際、同財団と尼崎市との間にて、納品を双方で確認する受領簿の作成ができていなかったために生じたとのこと。

紛失したUSBメモリには、2018年1月実施分の検診結果のデータが保存されており、各種がん検診、肝炎ウイルス検診の結果(数字の羅列で判読できないもの)、氏名、住所、生年月日、性別、電話番号が含まれている。

なおUSBメモリはセキュリティ機能付きで暗号化されており、現在まで情報漏えい等の事実は確認されていないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×