[学術研究] 主要セキュリティ対策の費用対効果ランキング | ScanNetSecurity
2022.12.04(日)

[学術研究] 主要セキュリティ対策の費用対効果ランキング

2016 年暮れに経済産業省から出された「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver 1.0」の最初のページに載っていた、ある言葉を忘れられない人は少なくないかもしれません。

調査・レポート・白書・ガイドライン

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. 個人情報保護委員会、マイナンバーのヒヤリハット・漏えい事例をまとめた資料を公表

    個人情報保護委員会、マイナンバーのヒヤリハット・漏えい事例をまとめた資料を公表

  2. SNSに起因する被害を受けた18歳未満は1,819人に、Twitterが全体の35.3%に

    SNSに起因する被害を受けた18歳未満は1,819人に、Twitterが全体の35.3%に

  3. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

    7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

  4. SNS上で誹謗中傷を受けた経験が「ある」12.0%(日本財団)

  5. 法人向けセキュリティ市場予測、2027年1兆3,000億円

  6. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  7. 売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

  8. 日本シーサート協議会、「PSIRT 成熟度ドキュメント」日本語版公開

  9. HPの2022年サイバーセキュリティ予測、ファームウェア攻撃の武器化 ほか

  10. PPAPは44.5%が禁止に向かう、JIPDECが「企業IT利活用動向調査」公表

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×