2017年度の国内CSIRT構築運用支援サービス市場は72.3億円、2022年度には113億円規模へ(ITR) | ScanNetSecurity
2020.10.26(月)

2017年度の国内CSIRT構築運用支援サービス市場は72.3億円、2022年度には113億円規模へ(ITR)

ITRは、国内のCSIRT構築運用支援サービス市場規模推移および予測を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社アイ・ティ・アール(ITR)は6月28日、国内のCSIRT構築運用支援サービス市場規模推移および予測を発表した。CSIRT(Computer Security Incident Response Team)は、社内システムにおけるセキュリティ監視、インシデントの原因調査・分析、対応策の策定・実施などを行う専門チーム。

国内CSIRT構築運用支援サービス市場の2017年度の売上金額は72.3億円で、前年度比18.7%増と順調な伸びとなった。近年、セキュリティインシデント発生時に迅速な対応を実現するため、自社でCSIRTの専任者を配置できるリソースを持つ大企業を中心に、同サービスの需要が高まっている。このことから、2018年度も同14.4%増と引き続き好調な伸びを見込んでいる。また、2020年度には101億円、2022年度には113億円に拡大するとみている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×