前年3割増、攻撃増加受け国内DDoS対策市場が急伸(ITR) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

前年3割増、攻撃増加受け国内DDoS対策市場が急伸(ITR)

ITRは、国内のDDoS攻撃対策支援サービス市場規模推移および予測を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社アイ・ティ・アール(ITR)は6月26日、国内のDDoS攻撃対策支援サービス市場規模推移および予測を発表した。これによると、同市場の2017年度の売上金額は123億6,000万円で、前年度比28.9%増と急拡大した。近年、史上最大規模のDDoS攻撃マルウェア「Mirai」や平昌五輪を狙った攻撃などが発生したことが導入を後押ししたと同社ではみている。

同市場は、DDoS対策アプライアンスの運用監視が中心であったが、現在ではDDoS対策クラウドサービスの運用監視も立ち上がり、市場は拡大を続けている。このことから、2018年度も同22.7%増と引き続き好調な伸びを見込んでいる。また、2020年には210億円、2022年には253億円規模になると予測している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×