DMARCに対応したメールセキュリティアプライアンスを発売(NEC) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

DMARCに対応したメールセキュリティアプライアンスを発売(NEC)

NECは、送信ドメイン認証(DMARC)に対応した、統合型システム「Application Platform for なりすましメール対策」を提供開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本電気株式会社(NEC)は6月26日、送信ドメイン認証(DMARC)に対応した、統合型システム「Application Platform for なりすましメール対策」を同日より提供開始したと発表した。インストール・初期設定済みのExpress5800サーバを提供する「基盤セットモデル」は350万円、初期設定済みのVMイメージを提供する「仮想環境向けモデル」は230万円(ともに税別、500アカウントごと)。同社は今後1年間で20万メールアカウントの販売を目指す。

同システムは、米Cloudmark社製メールセキュリティソフトウェア「Cloudmark Security Platform for Email」をアプライアンス化したもの。メール通信経路の暗号化技術(STARTTLS)に加え、複数の送信ドメイン認証技術(SPF/DKIM/DMARC)にも対応したセキュアなメール送信が可能となる。DMARC認証を導入している企業・組織間であれば、今まで対策が難しかった受信時に認証NGとなったメールの制御が、送信側の指定ポリシーに従って可能となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×