人為的ミスでセミナー参加者名簿が第三者に流出(大阪商工会議所) | ScanNetSecurity
2023.02.05(日)

人為的ミスでセミナー参加者名簿が第三者に流出(大阪商工会議所)

大阪商工会議所は6月22日、同所主催のセミナーの参加者名簿が第三者に流出したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
大阪商工会議所は6月22日、同所主催のセミナーの参加者名簿が第三者に流出したことが判明したと発表した。

これは2018年6月14日から21日までの間、職員の人為的ミスにより第三者が同所主催セミナーの申し込み用サイトの管理者画面にインターネットからアクセス可能な状態にあったことが判明したというもの。

流出したのは、2018年2月9日以降に募集開始したセミナー申込者名簿等で、セミナー申込者が入力した勤務先の企業名、氏名、役職、連絡先住所、電話番号、メールアドレス等の個人情報が6,016件含まれていたとのこと。

現在のところ、流出した情報が一般に公開、公表された事実は確認されておらず不審な連絡等に関する問い合わせはないとのこと。

同所では、再発防止に向け、これまで以上に個人情報の取扱いに万全を期すとともに、セキュリティ対策の強化にも全力で取り組むとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×