海外子会社へ不正アクセス、顧客情報流出の可能性(野村ホールディングス) | ScanNetSecurity
2024.07.13(土)

海外子会社へ不正アクセス、顧客情報流出の可能性(野村ホールディングス)

野村ホールディングス株式会社は6月14日、機関投資家向けに委託電子取引を取り扱う同社の海外子会社インスティネット・ヨーロッパ・リミテッドへの不正アクセスがあったことが判明したと発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(海外子会社のシステムに対する不正アクセスについて)
野村ホールディングス株式会社は6月14日、機関投資家向けに委託電子取引を取り扱う同社の海外子会社インスティネット・ヨーロッパ・リミテッドへの不正アクセスがあったことが判明したと発表した。

これは米国東部標準時2018年6月4日に、インスティネット・ヨーロッパ・リミテッド社において、一部のデスクトップ・ネットワークへマルウェアによる不正アクセスが判明したというもので、インスティネット・ヨーロッパ・リミテッド社を含むインスティネット関連各社と野村グループ、サイバーセキュリティ会社などが調査したところ顧客情報が流出した可能性があることが判明しというもの。

現在も調査中であるが、インスティネット関連各社のトレーディング・システムへに影響がないことは確認済みで通常通り営業を行っており、またインスティネット関連各社と野村グループ各社のシステムは互いに独立しており、野村グループ他社に影響はないとのこと。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

    契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

  2. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

    イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

  3. 東証プライム上場企業運営「PR TIMES」に虚偽情報による企業登録、2 件のプレスリリース掲載

    東証プライム上場企業運営「PR TIMES」に虚偽情報による企業登録、2 件のプレスリリース掲載

  4. NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

  5. 「悪質な情報拡散を行う者には徹底的な法的措置」KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  6. 発覚後も繰り返し攻撃が行われる ~ KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  7. パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

  8. イセトーへのランサムウェア攻撃、リークサイトにダウンロード URL 出現も現在はファイルが消失

  9. 臨地実習で個人情報記載の書類を紛失、匿名の届け出で判明(共立女子大学)

  10. 護衛艦いなづまの艦長、資格のない隊員を特定秘密取扱職員に指名し懲戒処分

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×