メール誤送信で神戸起業操練所会員61名分のメールアドレスが流出(神戸市) | ScanNetSecurity
2019.10.15(火)

メール誤送信で神戸起業操練所会員61名分のメールアドレスが流出(神戸市)

兵庫県神戸市は6月21日、同市産業振興財団が運営する神戸起業操練所で6月22日に開催するビジネスセミナー・交流会を案内する際に61名分のメールアドレスが表示される状態で誤ってメール送信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
兵庫県神戸市は6月21日、同市産業振興財団が運営する神戸起業操練所で6月22日に開催するビジネスセミナー・交流会を案内する際に61名分のメールアドレスが表示される状態で誤ってメール送信したことが判明したと発表した。

これは6月20日に送信したセミナーの案内メールにて、本来であれば会員のメールアドレスが表示されないよう「Bcc」で送信すべきところ、職員の誤りにより「To」に会員61名分のメールアドレスを入力して一斉送信を行ったというもの。

同市では同日中に会員に誤送信メールの削除を依頼済みとのこと。

同市では今後、メール送信時のチェック体制を強化するとともに、職員への指導を徹底し再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×