「賃貸名人 東京版」バージョンアップ通知メールを誤送信、261件のアドレスが流出(ダンゴネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

「賃貸名人 東京版」バージョンアップ通知メールを誤送信、261件のアドレスが流出(ダンゴネット)

株式会社ダンゴネットは6月7日、同社が提供する賃貸管理ソフト「賃貸名人 東京版」のバージョンアップ通知をメール送信した際、誤操作のためユーザーのメールアドレスが流出したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社ダンゴネットは6月7日、同社が提供する賃貸管理ソフト「賃貸名人 東京版」のバージョンアップ通知をメール送信した際、誤操作のためユーザーのメールアドレスが流出したと発表した。

これは6月6日、同ソフトのバージョンアップの通知を送信した際、本来はBccに指定すべきメールアドレスをToに指定したために、受診者がお互いのアドレスが見える状態で一斉送信したというもの。

漏えいしたのは、2018年6月時点で年間メンテナンスサポート契約に加入している同ソフトのユーザー計261件のメールアドレスとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×