「賃貸名人 東京版」バージョンアップ通知メールを誤送信、261件のアドレスが流出(ダンゴネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

「賃貸名人 東京版」バージョンアップ通知メールを誤送信、261件のアドレスが流出(ダンゴネット)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社ダンゴネットは6月7日、同社が提供する賃貸管理ソフト「賃貸名人 東京版」のバージョンアップ通知をメール送信した際、誤操作のためユーザーのメールアドレスが流出したと発表した。

これは6月6日、同ソフトのバージョンアップの通知を送信した際、本来はBccに指定すべきメールアドレスをToに指定したために、受診者がお互いのアドレスが見える状態で一斉送信したというもの。

漏えいしたのは、2018年6月時点で年間メンテナンスサポート契約に加入している同ソフトのユーザー計261件のメールアドレスとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×