学生の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(大阪産業大学) | ScanNetSecurity
2020.06.05(金)

学生の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(大阪産業大学)

大阪産業大学は6月12日、学生の個人情報を記録したUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
大阪産業大学は6月12日、学生の個人情報を記録したUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

これは同大学の中国語担当の非常勤講師が保管していた平成29年度後期の担当科目における学生の個人情報(氏名、学籍番号、成績情報)106名分を記録していたUSBメモリを紛失したというもの。

なお、現在のところ二次被害について確認はされていないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×