SQLインジェクション攻撃で登録情報が流出、被害が約57万件に拡大(MS&Consulting) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

SQLインジェクション攻撃で登録情報が流出、被害が約57万件に拡大(MS&Consulting)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社MS&Consultingは6月1日、5月14日に公開した同社が運営するミステリーショッピングリサーチのWebサイトへの不正アクセスについての続報を発表した。

これは6月1日に外部専門機関からの調査報告書を受け、5月14日の発表では5月2日に不正アクセスがあったとしていたが、それ以前にも同様の不正アクセスがあったことが判明したというもの。

流出の対象も2000年5月から2018年5月2日の間に登録された情報が含まれ、その件数も約57万件となることが新たに判明。流出した情報は登録したメールアドレス、パスワード、電話番号とのこと。

なお、流出したパスワードを用いた同社システムへの不正ログインは現在のところ確認されておらず、登録情報の改ざんや金融機関口座情報の流出なども確認されていないとのこと。

当該サイトへの攻撃手法は前回発表した通りSQLインジェクションで、WAFの設定に誤りがあったために海外子会社向けのモニター登録サイトから共通のデータベースを利用している当該Webサイトに不正アクセスを受けたとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×