IoT機器に対する総合的な脆弱性診断サービスを開始(ラック) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

IoT機器に対する総合的な脆弱性診断サービスを開始(ラック)

ラックは、IoT機器に対して総合的な脆弱性診断を行う「IoTセキュリティ診断サービス」の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは5月31日、IoT機器に対して総合的な脆弱性診断を行う「IoTセキュリティ診断サービス」の提供を同日より開始したと発表した。同サービスは、工場やオフィスなどで導入が進んでいる多種多様なIoT機器に対し、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに至るまで総合的な脆弱性診断を行うもの。平均的なサービス価格は100万円(税抜)から。

同サービスでは、同社の技術者がIoT機器の動作環境に応じて、多種多様な業界で長年にわたりWebアプリケーション診断やプラットフォーム診断を実施してきた知見から、もっとも適した診断項目を選択する。診断手法についても、同社の研究開発部門「IoT技術研究所」や監視センター「JSOC」、サイバー救急センター「サイバー119」で得られた最新の攻撃に対応した診断手法も導入する。また、国内のIPAやJNSAのほか、グローバルのセキュリティ団体であるOWASPのガイドに適応した診断項目で診断を行う。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×