会員用ホームページへの不正アクセスで個人データ流出の可能性(鉄道総研) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.16(火)

会員用ホームページへの不正アクセスで個人データ流出の可能性(鉄道総研)

公益財団法人鉄道総合技術研究所は5月25日、同研究所のホームページの一部のサーバーに不正アクセスがあり保存されていた個人データが流出した可能性があることが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
公益財団法人鉄道総合技術研究所は5月25日、同研究所のホームページの一部のサーバーに不正アクセスがあり保存されていた個人データが流出した可能性があることが判明したと発表した。

これは4月9日、同研究所のネットワーク内に不正アクセスがあることが判明し調査したところ、鉄道技術推進センター会員用ホームページ用サーバーに侵入されていたことが判明したというもの。

4月11日に同ホームページへのアクセスを制限し運用を停止、4月17日から5月11日まで調査会社により調査を依頼した結果、同ホームページサーバーに保存されていた鉄道技術推進センター会員の個人データの一部と同研究所職員1名の個人データの一部が流出した可能性があることが判明したとのこと。

現在のところ、同研究所への二次被害の連絡はないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで  Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★

創刊 20 周年の感謝と御礼をこめ、通常年間 23,333 円(税抜) で提供されるScan PREMIUM ライセンスを、半額以下である 9,900 円(税抜)で 提供するキャンペーンを、11 月末日まで実施します。

×