高尾ビジターセンターのメールアカウントが不正利用被害、約2,000件のスパムメールを送信(東京都) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

高尾ビジターセンターのメールアカウントが不正利用被害、約2,000件のスパムメールを送信(東京都)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

東京都は5月23日、環境局の高尾ビジターセンターが使用しているメールアカウントが不正利用されたことが判明したと発表した。

これは5月16日、指定管理者である株式会社自然教育研究センターがメールアカウントへのログインを試みたがログインできず、その翌日にイベント応募用メールアドレスの書き換えが判明、プロバイダへ確認したところ、翌18日に新たな発信元及び返信先のアドレスが作成されていたことが判明したというもの。

送信履歴を確認したところ、不正に作成されたメールアドレスからは、4月23日から5月16日までの間に約2,000件の英文で料金請求や個人情報を要求する内容のスパムメールが送信されていたとのこと。

不正利用されたアドレスは、高尾ビジターセンターの「大人が楽しむ昆虫観察ハイク」イベント応募用メールアドレスで、2018年2月8日から5月16日16時00分までの間によりメールの送受信をしたユーザーのメールアドレス、メールの応募内容(住所、氏名、電話番号、性別、年齢)30件の情報が流出した可能性があるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×