業務用PCのウイルス駆除ソフトが元社員からの不正アクセスで削除(中日本エクストール横浜) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

業務用PCのウイルス駆除ソフトが元社員からの不正アクセスで削除(中日本エクストール横浜)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

中日本エクストール横浜株式会社は5月24日、同社のウイルス駆除ソフト管理ツールが不正アクセスを受けウイルス駆除ソフトのみ削除されたことが判明したと発表した。

これは同社内のネットワーク外にあるウイルス駆除ソフト管理ツールに対して、退社した元社員が不正アクセスを行い、社員が業務上使用している複数のパソコン端末にインストールされていたウイルス駆除ソフトのみを意図的に削除したというもの。

不正アクセスを行った元社員は、同社の業務に支障を与えたとして5月24日に書類送検されたとのこと。

なお情報の流出及び端末、サーバーへのウィルス感染の被害は確認されていないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×