高まる不信感、個人情報を保護しない企業は消費者が懲らしめることが判明(ベリタステクノロジーズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.16(日)

高まる不信感、個人情報を保護しない企業は消費者が懲らしめることが判明(ベリタステクノロジーズ)

ベリタステクノロジーズは、米ベリタスが実施したグローバル調査「データプライバシーに関する消費者調査」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ベリタステクノロジーズ合同会社は5月22日、米ベリタスが実施したグローバル調査「データプライバシーに関する消費者調査(Veritas Global Data Privacy Consumer Study)」の結果を発表した。同調査は2018年3月から4月、米国、イギリス、フランス、ドイツ、スイス、UAE、カナダ、メキシコ、ブラジル、オーストラリア、シンガポール、中国、日本、韓国の合計12,500名の成人を対象に、インタビューにより実施したもの。

調査結果によると、消費者の38%が、ほとんどの企業は個人データを保護する方法を理解していないと考えていることがわかった。個人データを適切に保護している企業は高く評価し、59%が「個人データの保護に関して信頼する企業にはより多くのお金を使う」と回答し、27%が「データ保護について真剣に考えている企業には、最大で25%多く積極的にお金を使う」と回答している。

一方で、保護していない企業に対しては、懲らしめようとしていることも明らかになった。グローバルで62%、日本で63.4%の回答者は、「個人データの保護を怠る企業から購入するのをやめる」と回答し、グローバル48%、日本40.2%は、「そのブランドへのロイヤリティを捨て、競合他社への変更を検討する」と回答した。

さらに、81%は「友人や家族にその企業からの購入をやめるよう伝える」と回答し、74%は「その企業を規制当局に通報する」と主張している。また、65%は「その企業に関して否定的なコメントをオンラインで投稿する」と回答した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×