カスタマイズ可能な「Barracuda WAF-as-a-Service」を提供(バラクーダネットワークス) | ScanNetSecurity
2022.09.28(水)

カスタマイズ可能な「Barracuda WAF-as-a-Service」を提供(バラクーダネットワークス)

バラクーダネットワークスは、新たなクラウドベースのWAF「Barracuda WAF-as-a-Service」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
バラクーダネットワークスジャパン株式会社(バラクーダネットワークス)は5月17日、新たなクラウドベースのWAF「Barracuda WAF-as-a-Service」を発表した。米Barracuda Networksの5月16日の発表の参考翻訳として伝えている。

同サービスは、クラウドベースのWAF。同社の脅威インテリジェンスネットワークと統合され、OWASP Top 10、ボット、DDoSなどの高度な攻撃(XMLまたはJSONを使用するものなど)だけでなく、最も高度なゼロデイ攻撃もリアルタイムで防止できる。

セットアップにはウィザードが用意され、5つの手順により数分でWAFを開始できる。また、設定が不要な自動的な脆弱性修正、WordPress、Microsoft SharePointなどのよく使用されるアプリケーションのデフォルトテンプレートによって、ベースラインのアプリケーションセキュリティポリシーを自動的に作成し、必要に応じて管理およびチューニングが行われる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×