「PowerDNS Authoritative Server」に任意コマンド実行の脆弱性(JPRS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

「PowerDNS Authoritative Server」に任意コマンド実行の脆弱性(JPRS)

JPRSは、権威DNSサーバ「PowerDNS Authoritative Server」の脆弱性情報が公開されたと発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は5月11日、権威DNSサーバ「PowerDNS Authoritative Server」の脆弱性情報が公開されたと発表した。この脆弱性(CVE-2018-1046)は、5月8日(中央ヨーロッパ夏時間)に発表されたもので、同サーバとともに提供されている「dnsreplay」ツールにおいて、特別に細工されたPCAPファイルからの入力でバッファオーバーフローが発生し、異常終了・任意のコマンドの実行が可能となる。

脆弱性の影響を受けるバージョンは、「PowerDNS Authoritative Server 4.1.2より前のバージョン」。なお、この脆弱性を解消した新バージョン「4.1.2」が公開されている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×