ホームページへの不正アクセスで閲覧者を別サイトへ誘導(聖マリアンナ医科大学東横病院) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

ホームページへの不正アクセスで閲覧者を別サイトへ誘導(聖マリアンナ医科大学東横病院)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

学校法人 聖マリアンナ医科大学は5月9日、聖マリアンナ医科大学東横病院のホームページへの不正アクセスが判明したと発表した。

これは同院ホームページが第三者からの不正アクセスによって書き換えられ、一部の閲覧者が別サイトへ誘導されたことが判明したというもの。

同院では、5月7日午後に被害を受けたサーバーを停止し、セキュリティを強化したサーバー環境を再構築した上で安全確認を実施したとのこと。

なお、同院の患者の電子カルテ情報はホームページとは分離して管理しているため、情報流出はないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×