「Drupal」の脆弱性を狙う攻撃が急増、注意を呼びかけ(サイバーセキュリティクラウド) | ScanNetSecurity
2022.05.22(日)

「Drupal」の脆弱性を狙う攻撃が急増、注意を呼びかけ(サイバーセキュリティクラウド)

サイバーセキュリティクラウドは、「Drupal」の脆弱性を突いた攻撃が急増しているとして「サイバー攻撃速報」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社サイバーセキュリティクラウドは4月19日、「Drupal」の脆弱性を突いた攻撃が急増しているとして「サイバー攻撃速報」を発表した。サイバー攻撃速報は、各業界の企業に対してサイバーセキュリティに関する注意喚起をリアルタイムに実施するため、独自に集約したサイバー攻撃に関するデータを分析したもの。

攻撃されている脆弱性は、Drupal 7.xおよび8.xの複数のサブシステムにリモートコード実行が可能になるもの(CVE-2018-7600:SA-CORE-2018-002)で、米国時間の4月12日から複数のサイトで同脆弱性を悪用する概念実証(PoC)コード公開された。攻撃はその翌日から急増し、その後も断続的に続いている。攻撃元のIPによると、アメリカ(37%)、エクアドル(14%)、ベトナム(12%)が多いものの、かなり分散されている。

Drupalでは、同脆弱性を解消する最新バージョン「Drupal 7.58」および「Drupal 8.5.1」を公開しており、バージョンアップもしくは修正パッチの適用を推奨している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×