メール誤送信で49名のメールアドレスが漏えい(下関市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

メール誤送信で49名のメールアドレスが漏えい(下関市)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

山口県下関市は4月19日、同市産業振興部産業立地・就業支援課においてメール誤送信のために他の受信者のメールアドレスが漏えいしたことが判明したと発表した。

これは4月18日午後4時30分頃、平成29年度の登録者に対して平成30年度の再登録の意向確認を行うメール送信の際、本来「Bcc」で送付すべきところ「To」を選択、同日午後5時30分頃、同課の別の職員が誤りに気付き発覚したというもの。

漏えいしたのは、平成29年度事業登録者のうち郵送による情報提供希望者20名を除く49名で、同日午後7時以降にメール及び電話連絡にて状況説明と謝罪を行い当該メールの削除を依頼したとのこと。

現在のところ、本件に関して被害等の連絡はないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×