認証アプライアンスをクラウドサービス化、私物端末の検出にも対応(ソリトン) | ScanNetSecurity
2022.05.19(木)

認証アプライアンスをクラウドサービス化、私物端末の検出にも対応(ソリトン)

ソリトンは、無線LANに対し認証機能を提供するクラウドサービス「NetAttest EPS Cloud(EPS Cloud)」の提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ソリトンシステムズ(ソリトン)は4月18日、無線LANに対し認証機能を提供するクラウドサービス「NetAttest EPS Cloud(EPS Cloud)」の提供を開始すると発表した。同社の認証アプライアンス「NetAttest EPS」のクラウド版として、導入・運用のしやすさを追求した。簡単な設定で端末認証(電子証明書を利用したEAP-TLS)を行える環境を整えられる。

ユーザでなく端末を識別することで、IDやパスワード等のユーザ認証では防ぐことのできない正規ユーザの持つ不正端末(私物端末等)も防ぐことができる。また、申請ワークフローと証明書の配布機能を搭載し、手間なく安全に展開できることも特徴としている。さらに、社内LANにアプライアンスを置くことでクラウドと冗長化を行い、クラウドと通信ができない際にも認証を継続し可用性を高める「社内冗長化オプション」も用意した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×