焼却処分予定の「ガス料金リスト」を運搬中に紛失(大分瓦斯) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

焼却処分予定の「ガス料金リスト」を運搬中に紛失(大分瓦斯)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

大分瓦斯株式会社は4月12日、ガス料金の調定・収納業務を委託している関係会社の株式会社大分コレクトが「ガス料金リスト」を紛失したことが判明したと発表した。

これは大分コレクトが、保管期間を過ぎたガス料金リスト(顧客の住所、氏名、検針日、ガス料金、口座番号等の情報を記載)を焼却処分するために別大国道(国道10号線)をトラックにて運搬中、2014年7 月分の当該リストを紛失したというもの。

大分瓦斯及び大分コレクトでは、4月12日9時40分頃に紛失が判明した後、ただちに別大国道等の移動した経路を探し当該リストの回収に努めているが、現段階で2014年7月分のリスト661枚中、約65枚(顧客情報約2,000件)が、回収できていないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×