投資家向けにセキュリティ対策状況を開示すべきか、悪用を恐れ開示しないべきか~英上場企業実態(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.22(木)

投資家向けにセキュリティ対策状況を開示すべきか、悪用を恐れ開示しないべきか~英上場企業実態(The Register)

FTSE100(ロンドン証券取引所上場銘柄時価総額上位100)企業のうち、オンラインでのビジネス保護について実施する診断についての情報開示を行っているのはわずか5社である。

国際 TheRegister
FTSE100(ロンドン証券取引所上場銘柄時価総額上位100)企業のうち、オンラインでのビジネス保護について実施する診断についての情報開示を行っているのはわずか5社である。

FTSE100企業の大半(57%)は、年次報告書の中で全体的な危機管理、緊急時対応、災害復旧計画について述べているが、サイバーセキュリティに言及している企業はほとんどない。経営コンサルタント会社のデロイトによると、セキュリティに関する最新情報を最低でも年2回、定期的に取締役員会と共有しているのは、イギリスの優良企業のうちわずか21%である。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×