EDRと次世代AVをクラウドサービス化、マネージドサービスも提供(ソリトン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

EDRと次世代AVをクラウドサービス化、マネージドサービスも提供(ソリトン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ソリトンシステムズ(ソリトン)は3月28日、サイバーセキュリティ対策のEDR(Endpoint Detection and Response)とNGAV(Next Generation AntiVirus)のハイブリッド製品「InfoTrace Mark II for Cyber」の運用を支援するマネージドサービス「InfoTrace Mark II for Cyber Cloud」(Mark II Cloud)の提供を、同日より開始したと発表した。

EDRでは、カーネルレベルでセキュリティログを取得、インシデント発生時の原因究明や影響範囲の特定を可能にする。またNGAVでは、パターン非依存のマルウェア対策エンジンを採用し、ゼロデイや未知マルウェアを防御する。Mark II Cloudは、これらの管理・運用を24時間365日体制で行い、検知アラートに対し脅威を判定した速報レポートを提供、侵害の疑いのある端末のネットワークから隔離のほか、専門アナリストによる対応アドバイスや動的解析レポートなどにより、インシデントハンドリングを継続的に支援する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×