2017年下半期はマイニング・マルウェアが猛威、20%の企業が被害(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2024.07.15(月)

2017年下半期はマイニング・マルウェアが猛威、20%の企業が被害(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、「サイバー攻撃トレンド2017年下半期レポート」を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は3月23日、「サイバー攻撃トレンド2017年下半期レポート」を発表した。同レポートは、2017年7~12月に収集された同社のThreatCloud脅威インテリジェンスのデータに基づき、主要なマルウェア・カテゴリにおける詳細な脅威動向や、サイバー犯罪者の攻撃手口について開設するもの。

レポートでは、2017年下半期の主なマルウェア・トレンドとして「マイニング・マルウェアが猛威を振るう」「エクスプロイト・キットの減少」「詐欺行為やマルウェア・スパムの増加」「企業を攻撃するモバイル・マルウェアの増加」を挙げている。特に、7月から12月にかけてマイニング・マルウェアによる被害を受けた企業は、5社中1社に上っている。

2017年下半期のマルウェア総合ランキングでは、広告ブロッカーに対応した不正広告マルウェア「Roughted」(15.3%)が1位、オンライン・マイニング・ツール「Coinhive」(8.3%)が2位、主にスパム・メール経由で拡散するランサムウェア「Locky」(7.9%)が3位となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×