自動防御製品、ファイア・アイと連携可能に(アラクサラ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.21(金)

自動防御製品、ファイア・アイと連携可能に(アラクサラ)

アラクサラは、サイバー攻撃自動防御ソリューションで連携するセキュリティ製品を拡充したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アラクサラネットワークス株式会社(アラクサラ)は3月20日、サイバー攻撃自動防御ソリューションで連携するセキュリティ製品を拡充したと発表した。同社の「AX-Security-Controller(AX-SC)」が、これまでのトレンドマイクロ製品やパロアルトネットワークス製品につづいて、新たにファイア・アイ株式会社の「FireEye Network Security」との連携が可能になった。対応版のAX-SCは、4月より出荷予定。

FireEye Network Securityは、シグニチャレスのダイナミックな解析エンジンであるMulti-Vector Virtual Execution、およびコンテキストに基づくダイナミックなルールエンジンであるIntelligence-Driven Analysisにより、ゼロデイのWeb攻撃や、複数のプロトコルを使用したコールバックを検知できるため、従来型セキュリティ対策では対応できない巧妙なサイバー攻撃への対応が可能。

今回の連携により、FireEye Network Securityが検出したマルウェア感染端末を、AX-SCとの連携でネットワークから遮断できる。なお、連携の検証には、株式会社九州日立システムズが協力したという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×