WideAngleが脆弱性可視化の新サービス提供(NTT Com) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

WideAngleが脆弱性可視化の新サービス提供(NTT Com)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は2月28日、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」のプロフェッショナルサービスに、新メニュー「脆弱性見える化ソリューション」を追加、6月下旬より提供開始すると発表した。これに先駆け、同ソリューションを十分に活用するための導入コンサルティングを2月28日より受付ける。

同ソリューションは、ユーザのICT環境全体の資産情報をAPIで自動的に取込み、システムごとの脆弱性を一元管理する。ユーザは、脆弱性がICT環境に与える影響の有無や対応状況をリアルタイムに確認することができる。同社では、2010年より脆弱性管理システムを導入し、脆弱性の発見から該当システムの特定まで、導入前は約2週間かかるものもあった時間を、導入後には約10分で特定が可能になったという。

同ソリューションでは、同システムをNTTグループに展開し運用する中で得られたノウハウを、システム情報と脆弱性情報のマッチング技術や脆弱性対応を円滑に統括するためのワークフロー機能に活用している。また、ユーザに合わせた導入コンサルティングや登録代行支援、ヘルプデスクに至る支援サービスについてもオールインワンサービスとして提供する。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×