社員が外部オンラインストレージに顧客情報をアップロード(レオガーデン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

社員が外部オンラインストレージに顧客情報をアップロード(レオガーデン)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社レオガーデンは2月20日、顧客情報等の流出事故が判明したと発表した。

これは2月4日、同社に所属する営業職の正社員の社内パソコンから顧客情報を含むデータ約2万件が外部のオンラインストレージにアップロードされていることが判明したというもの。

流出した情報は下記の通り。
(1)顧客の資金計画書、見積書、建築図面、顧客とのメールのやり取り、土地売買契約書、重要事項説明書などの情報
(2)社内業務書類、事業計画書、社有物件データ(開発・建築確認等)、同社分譲物件広告・パンフレット・写真等、住宅地図

同社では今のところ情報流出による二次被害等は確認していないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×