不正アクセスにより情報漏えいの可能性(産業技術総合研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

不正アクセスにより情報漏えいの可能性(産業技術総合研究所)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

国立研究開発法人産業技術総合研究所は2月13日、同所に対する外部からの不正なアクセスがあったことを確認したと発表した。

これは2月6日に外部からの不正なアクセスがあったことを確認し、該当システムへの外部からのアクセスを緊急遮断し調査を開始したというもの。2月7日には情報セキュリティ対策本部を設置し、2月13日には同所内部からのインターネット接続も遮断し、原因及び影響範囲等の調査を継続しているという。

第三者及び同所の知的財産に関する情報や個人情報の漏えいの可能性もあり、引き続き原因究明を進めていくとのこと
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×