PHP の GD ライブラリの imagecreatefromgif 関数における値処理不備によりサービス不能攻撃が可能となる脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

PHP の GD ライブラリの imagecreatefromgif 関数における値処理不備によりサービス不能攻撃が可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

PHP の画像処理ライブラリである GD に、値処理の不備に起因するサービス不能攻撃を可能とする脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
◆概要

PHP にサービス不能攻撃が可能となる脆弱性が報告されています。脆弱性を悪用されてしまった場合は、HTTP および HTTPS サービスに大きな負荷が掛かりサービスが停止してしまう可能性があります。PHP を用いた Web アプリケーションを運用している場合は、PHP のバージョンをアップデートすることにより対策してください。

◆分析者コメント

当該脆弱性は imagecreatefromgif 関数に外部からデータを与えることが可能な Web アプリケーションのみが影響を受けますが、脆弱性を悪用する GIF 画像ファイルの作成が容易であるため、攻撃者が悪用する可能性がある脆弱性であると考えられます。可能であればアップデートを実施することにより対策することを推奨します。

◆深刻度(CVSS)

[CVSS v2]
4.3
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v2-calculator?name=CVE-2018-5711&vector=(AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:P)

[CVSS v3]
5.5
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v3-calculator?name=CVE-2018-5711&vector=AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:H

◆影響を受けるソフトウェア

以下のバージョンの PHP が影響を受けると報告されています。

  - PHP 5 系: 5.6.33 未満
  - PHP 7.0 系: 7.0.27 未満
  - PHP 7.1 系: 7.1.13 未満
  - PHP 7.2 系: 7.2.1 未満

RPM、dpkg などの OS ベンダ個別のパッケージからインストールした PHP を用いている場合は、パッチの適用状況が異なるため、各 OS ベンダの情報を参照してください。

◆解説

PHP の画像処理ライブラリである GD に、値処理の不備に起因するサービス不能攻撃を可能とする脆弱性が報告されています。
《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで  Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★

創刊 20 周年の感謝と御礼をこめ、通常年間 23,333 円(税抜) で提供されるScan PREMIUM ライセンスを、半額以下である 9,900 円(税抜)で 提供するキャンペーンを、11 月末日まで実施します。

×