フィットネスアプリによる軍事関連情報漏えい事案(The Register) | ScanNetSecurity
2024.02.23(金)

フィットネスアプリによる軍事関連情報漏えい事案(The Register)

以来、Stravaを使って軍の施設を探し出すことがSNS上で流行るようになった。

国際 TheRegister
11月、エクササイズで移動した経路を追跡表示するアプリStravaが、ユーザーアクティビティの「ヒートマップ(色分け地図)」を公開した。そこには、10億件のアクティビティ、3兆件の緯度と経度の座標データ、13兆枚のラスター画像、10TBの入力データが楽しげかつ誇らしげに表示されていた

それからしばらく時間が経ったが、先週の後半になり、ある人が次のような疑問を持った。

「Stravaのユーザーの中で軍や国の安全保障関係に従事しており、その活動状況がアップロードされてしまった人はどれぐらいいるのだろう」

答えは「たくさん」だった。

「勤務場所、住居、いつ新たな基地に転勤を命じられたか、不意打ちを食らわすならどこが最適か ~そうしたことが全て露わになってしまったのです」Nathan Ruser氏はオーストラリア国立大学で国際セキュリティを専攻する学生だ。Ruser氏がStravaのデータには軍や国家安全保障関係者のエクササイズ経路が含まれていると明らかにして以来、Stravaを使って軍の施設を探し出すことがSNS上で流行るようになった。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×