不正アクセスによる仮想通貨外部送金、金融庁から業務改善命令(コインチェック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

不正アクセスによる仮想通貨外部送金、金融庁から業務改善命令(コインチェック)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

コインチェック株式会社は1月26日、同社が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において、不正アクセスによって保有している仮想通貨NEMが不正に外部へ送金されたことが判明したと発表した。

これは1月26日02:57頃に同サービスへの不正アクセスが発生し、同日11:25頃に同社にて異常を検知、同日12:07頃から順次、NEMの入金・売買・出金をはじめとする同サービスの一部機能を一時停止を発表した。

今回のNEMの不正送金の総額は5億2,300万XEM、保有者数は約26万人で、保有者全員に日本円でコインチェックウォレットに返金を予定しているが補償時期や手続きの方法は現在検討中とのこと。

なお、日本円を含めたその他の通貨に同様の事象は確認されていないとのこと。

同社は1月29日、金融庁から資金決済に関する法律第63条の16に基づく業務改善命令を受けたことを発表した。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×