クラウド基盤のEDR製品、管理運用をSOCに外出し(NRIセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

クラウド基盤のEDR製品、管理運用をSOCに外出し(NRIセキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は1月25日、米CrowdStrike社製品を取り扱うマネージドセキュリティサービスプロバイダとして、次世代エンドポイントセキュリティ監視・調査・対応サービス「マネージドEDRサービス」を、4月1日より提供開始すると発表した。これに先駆け、本サービスの前提となる米CrowdStrike社のEDRを中心としたエンドポイントセキュリティ対策製品「CrowdStrike Falcon(クラウドストライク ファルコン)」を同日より販売開始した。

ここでいうエンドポイントは、ネットワークに接続されたサーバやPCなどの端末を指す。同サービスは、この端末にマルウェアが侵入するリスクを低減できるため、潜在的な脅威も含めたセキュリティ侵害を能動的に検知し、対応と調査を実施する。

具体的には、各端末にエージェント(センサー)をインストールすることで、それぞれの詳細情報がAWS上にあるCrowdStrike社専用の管理サーバに常時収集される。収集された情報をもとに、NRIセキュアのセキュリティ監視・事故対応支援のスペシャリストで構成されたチームがSIEMによる分析・監視を実施。一時的に検知を逃れた潜在脅威も能動的に洗い出し(スレット・ハンティング)、被害を防ぐための対応を遠隔から行える。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×