Webアプリケーション攻撃が引き続き増加、DDoS攻撃発信国でドイツが1位に(アカマイ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

Webアプリケーション攻撃が引き続き増加、DDoS攻撃発信国でドイツが1位に(アカマイ)

アカマイは、2017年第3四半期の「インターネットの現状・セキュリティレポート」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)は12月19日、2017年第3四半期の「インターネットの現状・セキュリティレポート」を発表した。レポートでは、Webアプリケーション攻撃が大幅に増加し続けている現状が明らかになっている。前年同期(2016年第3四半期)から69%、前四半期(2017年第2四半期)から30%増加している。

大幅に増加するWebアプリケーション攻撃の一角を占めるSQLインジェクション(SQLi)攻撃は、前年比で62%増、前四半期比で19%増を記録した。「(SQLi を含む)インジェクション」攻撃は、2017年版のOWASPトップ10でも脆弱性カテゴリの上位にランクインしている。このほか、第3四半期におけるDDoS攻撃数は前四半期比で8%増、標的あたりの平均攻撃数は13%増加したほか、DDoS攻撃トラフィックの発信源の1位にドイツが浮上したことなどを伝えている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×