Webアプリケーション攻撃が引き続き増加、DDoS攻撃発信国でドイツが1位に(アカマイ) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

Webアプリケーション攻撃が引き続き増加、DDoS攻撃発信国でドイツが1位に(アカマイ)

アカマイは、2017年第3四半期の「インターネットの現状・セキュリティレポート」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)は12月19日、2017年第3四半期の「インターネットの現状・セキュリティレポート」を発表した。レポートでは、Webアプリケーション攻撃が大幅に増加し続けている現状が明らかになっている。前年同期(2016年第3四半期)から69%、前四半期(2017年第2四半期)から30%増加している。

大幅に増加するWebアプリケーション攻撃の一角を占めるSQLインジェクション(SQLi)攻撃は、前年比で62%増、前四半期比で19%増を記録した。「(SQLi を含む)インジェクション」攻撃は、2017年版のOWASPトップ10でも脆弱性カテゴリの上位にランクインしている。このほか、第3四半期におけるDDoS攻撃数は前四半期比で8%増、標的あたりの平均攻撃数は13%増加したほか、DDoS攻撃トラフィックの発信源の1位にドイツが浮上したことなどを伝えている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×