劣化したライブラリが招くAndroidアプリのリスク | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

劣化したライブラリが招くAndroidアプリのリスク

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

アプリ開発において、オープンソースライブラリやGitHubのようなレポジトリはなくてはならないものだ。多くのソフトウェアに利用され実績もあるライブラリは、完成コンポーネントとして使えるメリットの他、メジャーなものなら脆弱性の心配も少ないはずだ。

一般論としてはその通りなのだが、そこには落とし穴もある。

●本当は危険なライブラリ

例えばアンドロイドのアプリにおいては、標準的なSDKだけで開発すると、パフォーマンスが出ない、最新機能を使いたい、既存システムやサービスなどにつなぐ必要がある、といった理由で、C/C++のライブラリを利用することがある。

これは本質的に危険であり利用を避けるべきだという専門家もいる。Marc Schonefeld氏は、Google Play Storeの多数のアプリを検証し、それらに潜む脆弱性について研究している。その中で、100万、1,000万ダウンロードされるようなメジャーなアプリについても、危険なライブラリに由来する脆弱性が残っていると警告する。

Schonefeld氏は、PacSec Tokyo 2017において、自身の調査結果とともに具体的なライブラリ名を挙げながら、古いライブラリ、とくにパッケージに組み込まれてバージョンがわからないようなもの、利用そのものが忘れ去られているものの危険性を指摘した。オープンソースライブラリなどは、管理するベンダーやコミュニティによってアップデートされていくが、アプリにインポートされたライブラリは、適宜のメンテナンスを怠ると「劣化」していくことになる。このリスクは、OWASPでもトップ10に入るものだ。

《中尾 真二》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×