工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第14回「Bitcoinアプリ」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第14回「Bitcoinアプリ」

だが、動機がわからなかった。それだけが問題だった。社長と会ってそれがわかった。あんたはずっと以前から社長の隠し口座の金を狙っていたが、チャンスがなかった。ないなら無理矢理作ろうってことで今回の事件を思いついた。

特集 コラム
>>前回

「本当の犯人は、あんただからさ」

オレがそう言うと、すっと青ざめて山岡は後ずさりした。

「なにがなんだか……だって犯人は吉沢だったじゃないですか」

それでも言い返してくる。

「いや、吉沢は全くなにも知らない。バイトを掛け持ちしてるふりをしてくれって頼まれたくらいだろう。吉沢の留守中に、あんたが勝手にIDを利用した」

「なにをおっしゃっているんだか……百万円ぽっちのためにそんなことしませんよ」

山岡が引きつった笑いを浮かべる。額に汗がにじんでいるのがわかる。やっぱりこいつで間違いない。不意打ちして正解だ。

「社長の隠し口座の財産を両替してBitcoinの自分の口座に送金するんだろ」

「なんのことだか……」

《一田 和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×