複数のTLS実装に、暗号化通信データを解読される脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

複数のTLS実装に、暗号化通信データを解読される脆弱性(JVN)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月13日、複数のTLS実装が「Bleichenbacher攻撃」への対策が不十分であり、脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは7.5。

ネットワーク通信における暗号化や認証などの機能を提供するプロトコルであるTLS(Transport Layer Security)には、PKCS #1 v1.5 メッセージの処理においてパディングエラーが発生した際の動作を観察することにより、暗号文の解読を行う攻撃手法(Bleichenbacher攻撃)が知られている。しかし、多くのTLS実装ではこの対策が行われておらず、リモートの攻撃者にTLS暗号化通信データを解読される可能性がある。JVNでは、TLSにおいてRSAアルゴリズムを無効にすることで、この問題の影響を軽減できるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×