サプライチェーン攻撃、ハイエンドモバイルマルウェア、破壊型攻撃--2018年予測(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

サプライチェーン攻撃、ハイエンドモバイルマルウェア、破壊型攻撃--2018年予測(カスペルスキー)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

株式会社カスペルスキーは11月30日、同社のグローバル調査分析チーム(GReAT)による年次のサイバー脅威動向レポートにおいて、2018年のサイバー脅威の傾向と予測をまとめた。Kaspersky Labが11月15日に発表したプレスリリースの抄訳として発表した。

2017年の予測の振り返りでは、「感染の兆候がほとんどない、受動的な埋め込み型マルウェアが流行し始める」「一過性の感染・メモリ常駐型マルウェア」「スパイ活動がモバイルを標的に」「金融システムへの攻撃の予測」「卑劣で嘘つきなランサムウェア」の予測が的中。一方、産業への脅威でICSへの攻撃は全体までには及ばなかった。

2018年の予測では、「サプライチェーン攻撃が増加する」「モバイルマルウェアがハイエンド化する」「破壊型攻撃が増え続ける」「偵察とプロファイリングを伴う攻撃が増加する」「OSとファームウェア間のブリッジを悪用する高度な攻撃が検出される」「ルータやモデムのハッキングが増加する」を挙げている。また産業界への脅威予測を、自動車業界、医療分野、金融サービス、産業用システム、仮想通貨でそれぞれ行っている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×