サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省) | ScanNetSecurity
2022.01.28(金)

サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

経済産業省はIPAと協力し、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を改訂したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
経済産業省は11月16日、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)と協力し、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を改訂したと発表した。同ガイドラインは、IPAとの協力により2015年12月に策定した、経営者がリーダーシップを取ってサイバーセキュリティ対策を推進するための指針。サイバー攻撃がさらに巧妙化していることから、両者は「サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂に関する研究会」を開催、そこでの検討を踏まえて改訂を行ったという。

具体的には、経営者が認識すべき3原則は維持しつつ、経営者がCISO等に対して指示すべき10の重要項目について見直しを実施。「指示5サイバーセキュリティリスクに対応するための仕組みの構築」に、新たに「攻撃の検知」を含めたリスク対応体制について記載したり、「指示8インシデントによる被害に備えた復旧体制の整備」に、新たに「サイバー攻撃を受けた場合の復旧への備え」について記載したほか、サプライチェーン対策強化などを追加した。また、付録も改訂が行われている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×