東京都がサイバーセキュリティ対策含む中小企業向け助成金を発表 | ScanNetSecurity
2024.05.21(火)

東京都がサイバーセキュリティ対策含む中小企業向け助成金を発表

東京都および(公財)東京都中小企業振興公社は、中小企業の危機管理対策への助成金について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 東京都および(公財)東京都中小企業振興公社は4月27日、中小企業の危機管理対策への助成金について発表した。BCP(事業継続計画)・LED照明等節電・サイバーセキュリティ対策の促進に関する助成金について募集を開始する。

 サイバーセキュリティ対策促進助成金は、情報資産を守るための具体的なセキュリティ対策を助成するもの。対象となるのは、都内中小企業者等であり独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)のセキュリティ・アクション二つ星を宣言している事業者となる。

 助成の対象となる経費は、自社のサイバーセキュリティ対策を実施するために必要な機器、サービス等の導入または更新に係る経費。具体的なものとして次が挙げられている。

1:UTM等(複数のセキュリティ機能を統合したアプライアンス製品)
2:ネットワーク脅威対策製品(FW、VPN、不正侵入検知システム等)
3:コンテンツセキュリティ管理製品(ウイルス対策、スパム対策等)
4:システムセキュリティ管理製品(アクセスログ管理等)
5:暗号化製品(ファイルの暗号化等) 等

 助成率は2分の1以内となっており、助成限度額は1,500万円(下限額は10万円)。申請スケジュールは令和5年6月、同10月、令和6年1月の3回を予定している。詳細は表を参照。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×