ネットワークセキュリティ市場は堅調に拡大、不正アクセス監視やSSOに注目(富士キメラ総研) | ScanNetSecurity
2022.01.18(火)

ネットワークセキュリティ市場は堅調に拡大、不正アクセス監視やSSOに注目(富士キメラ総研)

富士キメラ総研は、国内のネットワークセキュリティビジネス市場を調査し、その結果を「2017 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 上巻・下巻」にまとめたと発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社富士キメラ総研は11月16日、国内のネットワークセキュリティビジネス市場を調査し、その結果を「2017 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 上巻・下巻」にまとめたと発表した。上巻は市場編として、セキュリティサービス16品目、セキュリティ製品28品目の市場を分析し、将来を予測。下巻は企業編として、セキュリティソリューションプロバイダ33社、セキュリティツールベンダ24社の事例分析を行い、セキュリティソリューショントレンドを明確化している。

セキュリティサービス市場は、マネージドセキュリティサービスが中心となって拡大している。今後は、サイバー攻撃およびサイバー攻撃による情報漏えいなどの被害の増加などを背景に、特に統合セキュリティ監視サービス、不正アクセス監視サービス、DaaSに対する需要が増加していくとみている。

国内のネットワークセキュリティビジネス市場を「ゲートウェイセキュリティ」「メールセキュリティ」「Webセキュリティ」「IDセキュリティ」「端末セキュリティ」「その他」の6つのカテゴリ別にみると、ゲートウェイセキュリティは、市場の45.8%(2016年度)と高い比率を占めた。今後も堅調に拡大していくとみている。また、注目市場としてセキュリティサービスでは「不正アクセス監視サービス」、セキュリティ製品では「シングルサインオン(SSO)」を挙げ、市場予測を紹介している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×