AWSの企業ユーザ向けセキュリティ対策で協業、次世代IPSにJSOCが技術連携(マカフィー、ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

AWSの企業ユーザ向けセキュリティ対策で協業、次世代IPSにJSOCが技術連携(マカフィー、ラック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

マカフィー株式会社と株式会社ラックは11月9日、アマゾン ウェブ サービス(AWS)利用企業向けセキュリティ対策で協業したと発表した。AWSのユーザ向けに、マカフィーが日本市場向けに提供するクラウド向け次世代IPS(侵入検知システム)と、ラックが提供するセキュリティ監視センター「JSOC」が技術連携したセキュリティソリューション「MSS for McAfee Network Security Platform」で新たに協業し、2018年2月下旬より提供を開始する予定。

マカフィーがAWS環境に提供する次世代IPS「McAfee Virtual Network Security Platform(vNSP)」は、ホスト型とネットワーク型の両方のメリットを活用したハイブリッド型の対策を採用していることが特長。ラックは、AWSパートナーネットワーク(APN)にコンサルティング・パートナーとして参加しており、JSOCマネージド・セキュリティ・サービスが、24時間365日体制で不正侵入防止、Webアプリケーションの保護、ゼロデイ マルウェアの検知、ワークロードの分離などのセキュリティ運用サービスを提供する。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×