カード情報を含む約3,300名分の個人情報を紛失(NHK) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

カード情報を含む約3,300名分の個人情報を紛失(NHK)

日本放送協会は10月24日、個人情報を含む帳票の一部、約3,300枚を紛失していることが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
日本放送協会は10月24日、個人情報を含む帳票の一部、約3,300枚を紛失していることが判明したと発表した。

これは10月16日、静岡県沼津市内にて受信料の帳票が道路上に落ちているとの連絡があり確認したところ、合わせて275枚の帳票を発見したというもの。同帳票は、10月11日に埼玉県川口市内のNHKの施設から溶解廃棄処理(段ボール箱4,809個分)を委託した業者が搬出したもので、路上で見つかったのは委託業者の再委託先が静岡県沼津市内の施設に保管していたものの一部。段ボール1箱分、3,031枚(発見分275枚除く)の所在が不明であることが判明したとのこと。

紛失したのはインターネットのホームページで2011年4月22日から28日にカード払いの申し込み者が対象で、帳票には氏名、住所、電話番号、クレジットカード番号、メールアドレス等が記載されていたとのこと。

なお、現時点では不正利用は確認されていないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×