AWS活用支援サービスのオプションにWebアプリの脆弱性診断を追加(クラスメソッド) | ScanNetSecurity
2022.07.01(金)

AWS活用支援サービスのオプションにWebアプリの脆弱性診断を追加(クラスメソッド)

クラスメソッドは、AWSを活用するユーザ企業を総合的に支援するサービス「クラスメソッドメンバーズ」の運用保守オプションのひとつである「フートスキャン」のサービス内容を拡充したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
クラスメソッド株式会社は10月3日、アマゾン ウェブ サービス(AWS)を活用するユーザ企業を総合的に支援するサービス「クラスメソッドメンバーズ」の運用保守オプションのひとつである「フートスキャン」のサービス内容を拡充したと発表した。システムレベルの脆弱性診断に加え、同日より新たにWebアプリケーションへの脆弱性診断にも対応する。

フートスキャンは、エフセキュア株式会社の脆弱性診断ツール「F-Secure Radar」を活用し、システムやソフトウェアの脆弱性、設定不備を安価かつ素早く識別するサービス。診断対象にWebアプリケーションを追加できるようになったため、プラットフォームからアプリまでの包括的な診断が可能になった。システムスキャンとWebスキャンの価格は、1IPアドレスで75,000円(税抜)。英語の診断結果レポートも提出される。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×