ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は9月28日、ICANNが新KSKでの署名開始を延期したと発表した。これは、ICANNが9月27日(米国太平洋夏時間)に発表したもので、ルートゾーンKSKロールオーバーの一連のステップのうち、「新KSKでの署名開始」を延期する。10月11日(協定世界時)に予定されていた。

ICANNでは延期の理由として、今回のルートゾーンKSKロールオーバーに向けた準備が整っていないリゾルバが、かなりの数に上ることが新たに判明したことを挙げている。なお、今回の新KSKでの署名開始の延期は一連のステップを変更するものではないため、DNS運用への新たな影響はないとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×