マカフィー全EDR製品のマネージドサービス(富士通SSL) | ScanNetSecurity
2022.12.06(火)

マカフィー全EDR製品のマネージドサービス(富士通SSL)

富士通SSLは、マカフィーとマカフィーのEDRソリューションに関するサービスプロバイダ契約を締結し、マカフィーの同ソリューションを活用した世界初のエンドポイント対策サービス「マルウェア検知・拡散防止サービス」を販売開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は9月21日、マカフィー株式会社とマカフィーのEDRソリューションに関するサービスプロバイダ契約を締結し、マカフィーの同ソリューションを活用したエンドポイント対策サービス「マルウェア検知・拡散防止サービス」を同日より販売開始したと発表した。

マカフィーのすべてのエンドポイント保護製品「McAfee Endpoint Threat Protection」「McAfee Complete Endpoint Threat Protection」「McAfee Endpoint Threat Defense」「McAfee Endpoint Threat Defense and Response」をクラウドで利用できるマネージドサービスの販売価格は、月額230万円から(1,000台の場合)。

マカフィーの提供するEDRソリューションは、エンドポイントにおけるマルウェアの検知だけでなく、感染したPCの隔離、駆除に加え、マルウェアのふるまいや拡散状況の可視化までトータルにサポートするソリューションで構成されている。

富士通SSLは、自社のSOC(Security Operation Center)で蓄積した脅威情報と、マカフィーのEDRソリューションで可視化したふるまい・拡散情報をもとに、適切に対処、復旧することで拡散を防止し、従来時間を要したインシデント対応の早期終結と工数削減を支援する。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×