ランサムウェアの認知度、日本はグローバル平均より低い結果に(アクロニス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

ランサムウェアの認知度、日本はグローバル平均より低い結果に(アクロニス)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

アクロニス・ジャパン株式会社(アクロニス)は9月20日、データ損失の危険性に関する意識調査結果を発表した。同調査は、8月にアメリカ、イギリ ス、オーストラリア、ドイツ、フランス、スペイン、日本の一般インターネットユーザを対象に、オンライン調査により実施したもの。調査結果によると、「ランサムウェアが何か知らない」と回答したのは日本で67.5%と、グローバル(50.7%)と比較しても認知度が低い結果となった。

「ランサムウェアなどでデータを失った場合、データを取り戻すのにいくらまでお金を払ってよいか」という問いでは、「5,000円以下」がもっとも多かった(グローバル:81.5%、日本:71.9%)。自分または家族がデータをなくした経験について、「ある」と答えたのはグローバルでは35.1%、日本では33.5%。コンピュータのバックアップをしている回答者は、グローバルでは43.3%、日本では46.0%であった。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×